麻布十番で働くCEOのBlog(旧・南麻布で働く社長のblog)

成功報酬型求人メディアGreenの運営や、インターネットサービスの企画・開発を行う株式会社アトラエの社長のblogです。

アトラエでは新卒比率が高く、取締役の2名も新卒一期生で11年目のメンバーが担っている。
それでなのか、どんだけ特殊な研修をしているのか、どうやって育成するのか、など良く聞かれることが多い。

実はアトラエにはほとんど研修らしい研修は存在していない。

個人的にはある程度のレベルの人材にとっては、研修的なものは最低限で良いのではないかと考えている。

そんなことよりも圧倒的に大事なのは、自分で考え、自分で決断し、自分で実行し、その結果に責任を持つという経験を若いうちからどれだけ積めるかということだと考えている。


そういうと放任のように聞こえるかもしれないが、勿論失敗したからといって責任を取らせるというような罰則の話しではない。全てのことの最終的な責任は経営者がとるべきだし、挑戦した上での失敗は許容していかなければそもそも話しにならない。


人を育成する上でとにかく大切なのは決断経験を積ませるということ。

小さなプロジェクトでも全然構わない。
誰かが決めてくれる、という上司や先輩への依存感覚を排除し、自分の頭で徹底的に考え、決断し、実行することで人は驚くほど成長する。

その修羅場をくぐり抜けた数が多ければ多いほど人は成長する。

そしてそういう修羅場を経験してきた人は、当事者意識をもって働くことが極めて当たり前のこととなるので、どんなプロジェクトに加わっても常にリーダーシップをとり責任感をもった働き方をするようになる。


最近では職務上の専門性や知識みたいなものばかりがキャリアや市場価値として認識されているが、私の経験上、上記したような修羅場をくぐってきた人ほど、とてつもなく仕事ができるのは間違いない。


これからの知識産業に生きる会社組織において、人を活かすということは至上命題であり、最大の競争優位にもなりうるテーマ。そしてそのために大事なのはその人の能力・意欲にフィットするレベルのプロジェクトを思い切って任せることに他ならない。

会社のステージがあがっていってもそのことを忘れずに、挑戦する文化と機会を持ち続けることで、組織は強くなる。

ということで改めて弊社でもこの4月から新たなリーダー育成のための取り組みをスタート。
今までは上記のようなことをナチュラルにやってきたものの、今後組織が大きくなっていく中でも継続して上記のような文化と機会を持ち続けるための挑戦。

会社創りとは事業創りと組織創りから成るもの。
地味だけど「人を活かす」取り組みこそが最重要経営命題だと信じて努力するべし。

経営者としてビジネスに接していると日々様々な決断を迫られる。
しかもそのほとんどにおいて明確な正解や答えなど存在していないとくるから厄介この上ない。

私自身は26歳から経営者としてビジネスに関わってきたこともあり、そんな難しさや厳しさに幾度となく直面してきた。そのせいか、自分なりに何か拠り所が欲しかったのだろう。当時は数多くの意思決定理論の本を読み漁ったことを思い出す。


気付けばその頃から16年もの年月が経ち、いろいろと成長したのかもしれない。

意識して振り返ってその変化を検証すると、最近の意思決定においては経済合理性という判断軸以上に、長期に渡る人と人との信頼関係の構築や、倫理観や道徳観などといった定性的な判断軸を重要視するようになってきたように思う。


話しは変わるが、先週ウクライナ元大統領のホセ・ムヒカ氏の訪日に関する報道をテレビで見る機会があった。彼の主張は本当に人の本質を突いていると思う。


記憶ベースなので言葉尻は少し異なるかもしれないが、彼のこんな言葉が記憶に残った。

「消費欲求を満たすためにどこまでいっても稼がなくてはならず、そのために人生で大切なことを忘れ、時間を消費してしまっている不幸せな人が日本には沢山いる。」

「生き甲斐をもって働くことはとても素晴らしいこと。その場合は必ず世の中に価値ある何かを残すべきである。」



昨今、ビジネスの世界ではキャリアや市場価値というワードが飛び交うが、実は専門性やノウハウなどよりも、その人が獲得してきた信頼の質と量の方が価値があるのではないかと思ったりもする。少なくとも私の周りの優秀なビジネスパーソンに共通しているのはまさにそのあたりだと思う。


個人だけではなく法人、つまり会社組織としても時価総額や売上や利益の追求以上に、顧客や株主やビジネスパートナーからの信頼をどれだけ獲得できるかが、何よりも大事な気がする。その総和こそが本質的なその組織の価値であり、資本主義という完璧とは言い難い市場経済の論理を超えた、あるべき姿なのではないかと思う今日この頃。

ということでこれからもアトラエは、世の中の少しでも多くの人から応援してもらえるような魅力ある会社を目指します!

タイトルだけ見るとなんのこっちゃわからないけど、タイトルに記載した人格の主体は法人、つまり会社組織のこと。つまるところ、法人としての人格をちゃんと意識して創っていくことの重要性について書いてみようかなと。

法人というくらいなので会社組織というのはある意味「人」として見ることができるのではないかと思っている。

その上で「法人格」というのは、いわば会社組織の持つ風土やカルチャー、価値観、倫理観などをイメージすればいいのではないかと思う。

ベンチャー企業界隈では、サービスや事業の戦略や、IPOや売却などの金融的側面について語られることが多いが、組織創りや文化・カルチャーなどを中心とした法人としての人格形成について語られることは多くない気がする。


しかしながら会社経営というのはある意味でいえば相当な長期戦であり、ライフサイクルが短いインターネット業界においてはサービス開発以上に、法人格形成、つまり組織文化や組織理念の浸透などの方が重要度が高いのではないかとさえ思う。


リクルートが紆余曲折ありながらも長期的に成長し、多大なる価値を生み出している要因はまさにそのあたりにあるような気がする。

そして法人格というのは、人間でいう人格と同様で、大人になる前の段階である程度固まってしまうようにも思える。つまるところ創業期から成長期の最も事業や収益にコミットしたくなるタイミングでこそ、法人格の形成、すなわち組織文化の醸成や浸透にもパワーを割かないと、長期的に成長し続ける会社組織は作り上げられないのではないかと思う今日この頃。


ここまで書いてそうでもない会社がいくつか頭に浮かんだが、そういう会社は経営者がとんでもない力やカリスマ性を有していることが共通点で、組織力ではなく、リーダーの手腕や能力が成長のドライバーになっているケースが多いのではなかろうか。

と期初のめっちゃ仕事が忙しく、若干体調も崩している中で、ろくに検証や調査もできないままに、思いつきでブログを書いてみたら収拾がつかなくなってしまったので、今日はこのあたりで強引に終わります。。。

皆さん、良い週末を♪

成果を出すというのは、そんなに簡単ではない。

スポーツでも仕事でも、確実に成果を出す人に共通しているのは、起こりうる事態や状況を事前にかなり精度高くイメージしているということではないだろうか。

何かを任されたら、その仕事の価値や期待や目的をしっかりと把握し、成果を出している姿をできるだけリアルにイメージする。このイメージの精度の高さこそが、結構なレベルでパフォーマンスの差につながる。その上で不足していることや、あったらより良いと思う要素を埋めるべく、準備やノウハウの吸収を事前にしておくことで、確実に成果につなげていく。


と言ってもいまいちわからないだろうと思うので、わかりやすい例を出してみる。


自分が大事なフルマラソンのレースに出て記録を出したいと思ったらどういう準備をするだろうか。

既にパーフェクトな状態でスタートして完走できるくらい、徹底した準備ができているのが理想。しかしながら多くのケースではいざ走り始めてからコースを良く理解してなかったり、靴紐がほどけてしまったり、眩しくてサングラスが欲しかったと後悔したり、ストップウオッチ機能がある時計にしておけば良かった、などとなるケースが多いということ。

事前に既に走ったことのある人達に聞いたり、動画を見て参考にしたり、いろいろな情報を検索したり、自転車で一度コースを下見したり。。。。やれることは相当ある。

自分が当日走っている姿をイメージしまくって、そこに必要な情報や足りない知識がないか、などを何度もシミュレーションして、成果を出している姿や状態をクリアにイメージできるレベルまで持っていければ、かなりの確率で成果は出せるはず。

そのプロセスをサボってしまうと、必ずどこかで躓いてしまう。

貪欲に成果を出すためにリスクや失敗要因を排除し、成果を最大化にできる方策を検討するこが大事。

いわゆる準備を徹底すべし、ということだが、口でいうのは簡単だが、思ったよりもできないことが多い。やったことないから仕方ないと思ってしまっているとしたら、完全なメンタルブロック。

イメージ力を高め成果の好循環を生み出す、それができるビジネスパーソンの行動特性。

先週末は半期に一度の全社イベント「社員総会」を熱海の後楽園ホテルにて、2泊3日で実施しました。
2016年新入社員7人(うち2人は10月入社予定)の入社式や決意表明、さらにはチーム対抗グループワークとして「ビジョン実現に向け次の半期で取り組むべきアクションプラン」についての議論・発表、そして私からの戦略方針の発表や半期の振り返り、そして表彰と、かなり内容の濃い2泊3日でした。

少し日程が長かったこともあり、家族も含めての参加として、家族の人達にもアトラエのことを知ってもらう良い機会になったのではないかと思っています。

やはりお父さん、お母さん、パートナーが毎日一生懸命仕事している会社がどういう会社なのか、どんな人達を何を目指しているのか、を家族が理解し、応援してくれることは極めて大事だと思っています。世界中の人々を魅了する会社を創っていく上で、まず社員とその家族がアトラエという会社のファンであってくれることが絶対条件です。

そういう意味でも意義がある2泊3日だったと思います。
新卒メンバーもだいぶいろいろな刺激を受けてくれたようです。

9月決算のアトラエとしては今月から下半期に突入します。
かつてないレベルで会社を飛躍させるべく、全社員気合いをいれて、最高に楽しみながら、価値あるビジネスに没頭・熱狂します!!

社員総会2
社員総会5
社員総会3
社員総会

アトラエが求める人材の共通点は、知的ワイルドということに尽きる。

このワード、実はつい先日、新卒採用におけるパートナー企業の方々と打ち合わせをしていて教えてもらった言葉。つまり完全なるパクリですw

自作ではないものの求めている人物イメージとあまりにワードが合致したので、このまま我が社の求める人材像を表すワードとして使わせてもらうことに決定!!


ベンチャー企業においては、真面目に頑張れば活躍できたり社会に価値を創造できるわけではない。
過去に例のない挑戦や取り組み、答えのない難問に何度もぶつかり乗り越えていくタフさが求められる。我々は良くサバイバル能力とかメンタル・タフネスなどと表現してきたが、そういう力が求められる。

一方でじゃあ生命力が強くサバイバルできるタフさは持っているとしても、知的な能力が低いと仕組みを構築できなかったり、どれだけ頑張ってもパフォーマンスを出せなかったりするのも、インターネットベンチャーにおける共通ポイントであろう。結局考える力、仮説を立てる力、解決方法を模索する力などを有さないとパフォーマンスは出せない。頑張っているけど、、、、みたいなことになる。

一方で学歴が高く勉強ができるだけの頭の良さと誤解しがちだが、それはあまり関係ない。
勉強という答えがあり方法が確立しているものへの取り組みと、答えのない中で誰も実現したことのないものに挑戦するということは根本的に異なる能力を必要とする。


これらの能力を有してる人を表現する呼称として『知的ワイルドな人』というワードが極めてしっくりきたので、使わせてもらうことにした。


知的ワイルドな人の特徴として、BBQやお花見などのイベントの企画を任せた時に、いろんな人脈や知恵を総動員してとんでもなく期待を超えるイベントを創り上げてしまったりするようなイメージ。例えば知人の実家が肉屋だったということを思い出し、その知人経由で安価で最高の肉を仕入れたり、知り合いの飲食店で働く人に協力してもらって最高の料理をとんでもない安価で用意してみたり。

もしくはこれも受け売りだが、例えばグループワークとして、各チームに10万円渡すから1ヶ月でいくらまで増やせるか競争するといったゲーム感覚の高いテーマで競わせたりしたときに、あらゆる知恵と人脈を総動員して最高のパフォーマンスを上げるような人、そしてその挑戦をめっちゃ楽しいとかやってみたいと思えるような人は、まさに知的ワイルドな人の可能性が高い。

そんな人達と共に世界が注目する理想の組織を作り上げるべく、そこに向けた旅路を楽しめたら最高だと思っている。

改めて我こそは知的ワイルドだと思う人達、是非アトラエのドアをノックしてください!!
楽しみにしてます!!!

2017年の新卒採用が活発になりつつあり、もっぱら学生と接触することが多い今日この頃。
そんな就活中の学生からもしばしば質問されるのが「仕事って楽しいんですか?」みたいな話。


楽しいという言葉の意味によるけど、私自身の回答としてはこんな感じ。

「極めてやりがいがあるという意味で楽しいと思っている」


まあ仕事は生活のため、家族を養うため、という人もいるでしょう。
ただ仕事に費やす時間は家族と過ごす時間をゆうに超えるわけで、そこが充実していないとさすがに幸せな人生とは言えないのではないかなぁなどと感じざるを得ないわけで。


で、ベンチャー企業で働く社員は何となく「仕事楽しい」と言っているイメージがあるが、なんだか多くの人の中でそのあたりに誤解がある気がする。

日々の業務内容自体が「超楽しい!」なんてことは、ほとんどのケースにおいてありえない。


わかりやすい例として社長の日々の仕事を考えてみる。

会社説明会での新卒向けのプレゼンテーションや契約書のチェック、更には社内のミーティングなどへの参加、採用面接、人事考課など多岐に渡るわけだが、ぶっちゃけどの仕事も決して楽しくなんてない。もしやらないでいいのであればやりたくないw

それでも仕事はやりがいがあり楽しいと感じている。


それは日々の業務内容に楽しさを感じたいわけではなく、人生の時間を賭してでも成し遂げてみたい目標があり、それを成し遂げるために日々頑張っているわけで、日々の仕事はその目標を成し遂げるためのプロセスに過ぎないと思っているから。


つまるところ最高のお城を作り上げることにやりがいを感じ、ワクワクしているのであって、日々材料を運んだり、セメントを流しこんだり、ペンキ塗ったりするのがとんでもなく楽しいわけではないということ。勿論そういう作業さえも楽しみながらやるというのは大事だと思うが、やはりその先にある夢や目標みたいなものの存在が何より重要。


同じようにレンガを積むという仕事にしても、ただ指示されてレンガを積んでいるだけの人と、柱を作るためにレンガを積んでいる人と、お城を作るためにレンガを積んでいる人に別れる。当然最後の人が一番やりがいを感じるはず。


このあたりを勘違いしてしまうと、日々のモチベーションが下がったり、成長実感が感じられなかったりするのかもしれない。

個人の成長も決して目的ではなく、目的を成し遂げるために成長するという考え方の方が私はしっくりくる。

そしてチームで何かを成し遂げることに貢献できる人というのは間違いなく市場価値が高い。
それが技術力であっても、営業力であっても、デザイン力であってもリーダーシップやマネジメントであっても。

ということで日々の仕事の一つ一つに楽しさややりがいを求めるのではなく、チーム全体を俯瞰して、目指す方向やゴールを意識しながらそこに近づくための努力や貢献にフォーカスし、その未来にワクワクしながら働ける、そんな状態が仕事を楽しんでいるということじゃないかと思う次第。

そういう視点で仕事を捉えられると、気持ちのアップダウンはあるにしても、本質的なモチベーションのアップダウンはほとんど出ないはず。

転職や就職を考えている人は、本当にその仲間達とその目標を追いかけたいと思えるかどうか、を大事にするのがいいんじゃないかな。


結論、仕事は最高にやりがいがあるし、そういう意味でいえば極めて楽しいもの。

ぶっちゃけ1円でも会社が作れる時代になり(実際は登記手数料などで数十万円は必要だけど)、サーバー利用料やデバイス料金(スペック対パフォーマンス)は劇的に安くなり、資金調達もしやすくなり、もはや起業のハードルはこの15年くらいでとんでもなく下がった。

この事実は間違いない。

じゃあタイトルの話はなんぞやということだが、簡単に起業できることと、起業して大成功することは全く別のことだということが言いたいのである。

インターネットが完全に浸透したことによって、昔は一部のリテラシーの高い人達しか持っていなかった情報やノウハウなどが、完全にコモディティ化している。しかも世界レベルで。。。


そもそも現在メガベンチャーと呼ばれている成功企業のほとんどは1998年〜2005年くらいに生まれており、米国で成功していたビジネスモデルを輸入してローカライズしたパターンで、いわゆるタイムマシン経営ともてはやされた手法を使っていた。勿論だからといって多くの挑戦者の中からメガベンチャーと呼ばれるレベルまで成功したのはごく一部であり、またいくつもの会社が時代の波に飲み込まれていったのも事実。


一方でインターネットがここまで浸透し、情報が蔓延し、思いつく限りのビジネスモデルが既に着手されている現状においては、100億円を超える規模のスケーラブルなビジネスを短期間で実現することの難易度は相当高まっていると考える方が正しいと思う。

次のビッグビジネスを実現するためには、この先の大きなデバイスチェンジや技術変革のタイミングが一つのチャンスになるのだろうが、その波が来たときにその波を乗りこなすためには、そこまでに一定の技術力と資金力とノウハウといった過当競争を戦い抜くだけの十分なリソースを有していることが求められるのではないかと予測している。


焦ることなく着実に黒字で成長軌道に乗せつつも、常に獲物を狙うかのようにビッグビジネスチャンスの到来を待ち、チャンスが来た時には恐れずに挑戦を仕掛けていく、そんな経営スタイルが今の市場にフィットしているような気がする。


勿論どんな時代や環境であっても、外部環境の影響を受けずにとんでもないスケールを実現できる起業家がいるのも事実であり、上記した内容はあくまでも私のような平凡な能力しか持たない起業家ゆえの見解や感覚だという意見もあるのは重々承知した上で、私なりに13年間の経営をしてきた中で、多くの参入と撤退を見てきたゆえの感覚を書かせてもらった次第。

しかし何にせよ起業した以上、言い訳なしで世界レベルのビジネスをやりたいものである!!

最近私の周囲で流行り始めている完全無欠コーヒーによる肉体改造。

そもそもは『シリコンバレー式〜自分を変える最強の食事〜』という一冊の本から始まっている。
diet

10年以上継続してダイエットを続けながらも、なかなか絞り切れずに苦戦している私としては、早速読んでみた。

これを読んで感じたのは、勿論凄い説得力のあるダイエット手法であり肉体改造手法なのも間違いないが、何よりも凄いのは著者の徹底したバイオハックっぷり。「痩せよう」と考えた時に、なんでこの方法がいいと言われているのか、人の体はどういうメカニズムで太ったり痩せたりするのか、などに疑問を持ち、自らの体と資産を投じてそのメカニズム解明に乗り出し、15年にも渡り徹底してやり続け、恐らくどの医者や研究者よりも人体の肥満原因に詳しくなってしまう、その徹底っぷりや行動力や探究心に何よりも驚かされた。


これはまさに仕事ができる人の行動特性そのもの。

何か目的があったときに、こういう行動を起こせるタイプの人は何をやっても成功するし、一流のパフォーマンスを出すもの。


例えば

英語ができるようになりたい → よしまずは単語を覚えよう!

では勿論いつまでたっても英語はできるようにならないのと同じこと。

何故英語ができないのか、英語ができるためにはどういう条件を満たさないといけないのか、そこにたどり着くステップとしてはどういう道のりやどういう手法がベストなのか、などなどを徹底して考えることからスタートすべきだと思う。そして決めたら強い意志をもってやり抜く。

そうやって成果に最短に到達するためのPDCAを適切に回せる人は、勉強もスポーツも仕事も一定レベルではできる。勿論超一流レベルになるためにはIQであったりセンスであったり人間力といった才能に近いレベルの要素も必要なのだとは思うが、普通にできる人になるためには成果に向けた適切なPDCAが回せれば問題ない。


私の経験上、それができない人の特徴としては、考える習慣がないケースが多い気がしている。

なぜだろう?
どうするのがいいんだろう?
どっちが可能性が高いだろう?
なんのためにやるんだろう?
などなど

日頃から考える癖をつけ、少しでも成果に近い道を走ろうとする習慣を持つことが大事。


そんなことを考えながら、最近はシリコンバレー式食事法に則って毎朝完全無欠コーヒーを飲み始めた今日この頃。しかしこの食事法、本当に良さそう。日本人はバターとの相性があまりよくない人が多いのはあるものの、そういったちょっとした違い以外は、今までのものと違うレベルの理論にもとづいているし、信頼度は高い。

今年の夏は10年ぶりのナイスバディを披露できるか?!

ここまで寒暖差が激しいと体調管理も簡単ではないですね。。。
最近土日にもやるべきタスクが入り込んでいることが多く、老体に鞭打って頑張っております。


さて最近思うことがある。
日本人には一見謙虚そうだけど、実態はそれほど謙虚ではないということ。
そんなことをビジネスシーンでよく感じる。
口で言っていることと、本心や本能的に思っていることが違うような印象を持っている。


まあ目立つことや主張することがそもそもあまり良いこととされていないこともあるのかもしれない。
それはそれで日本人の美徳であり、決して卑下するものではないと思う。


「つまらない物ですが、、、」

何か手土産などを渡す時に言うこの常套句もそんな日本人の性格の現れなのかもしれない。


一方で、ことビジネスパーソンに関して言えば、少し違ってきているような気がする。

弱気な発言をしたり、謙虚な発言をする人ほど、それほど現状に課題意識を持っていないケースが多いような印象がある。自信なさげに振る舞うことや、自分が如何にできていないと自覚しているかを謙虚そうに表現することで、自分への非難や批判を退け、更には自分への期待値やハードルをコントロールしているような気がしてならない。


逆に強気が発言をする人ほど、負けん気や向上心が高く、様々な面で自分が全然まだまだやれると思っているケースが多いような印象を受ける。

本田圭介や錦織圭などのアスリートなどを見ていてもそんな気がする。
本田圭介はかなり特殊事例かもしれないが、かなり誠実そうな錦織圭さえも、常に自信に満ちた発言をしつつ、その背景にはあらゆる懸念を払拭する努力を積み重ねているからこそ言えることなのだろうという印象を受ける。


ビジネスシーンにおいても、一見謙虚そうに振る舞う人や自分が出来ていないということを全面に押し出すような真面目な(?)人よりも、負けん気や向上心が高く、あらゆるシーン、あらゆる事柄に対して悔しいと感じられるタイプの人の方が成長が早いように感じる。

私自身、決して謙虚なタイプでも真面目なタイプでもないのに、ここまで成長してこれた唯一の要因は、幼き頃から変わらない負けん気や向上心にほかならないと改めて思う次第。幼稚園時代から負けん気と向上心だけは強く、ことビジネスという側面だけ見ればそれが功を奏したように思う。ビジネス以外の面では決して性格が良いタイプでもなく、強すぎる負けん気などがマイナスに働いたことも多々あるという自覚もあるが。。。。


これからグローバルに出て行く中で、日本人も本質的な自信を持ち、その自信を裏付けるだけの努力と苦労を惜しまない、そんな人が増えていくことが大事だと思う今日この頃。

私自身、2017年4月から入社してくれる予定の仲間を探して、日々多くの学生と会っているが、是非とも負けん気や向上心の高い学生に会いたいものである。

↑このページのトップヘ