昨今、求人広告市場が過熱してきています。
つまり転職希望者を集めるための広告需要が上昇してきており、広告単価も上がってきてしまっています。

その背景として、個人的には以下のようなマクロ環境が影響していると考えています。

2007年に控えている団塊世代の一斉退職
景気の回復傾向=企業の業績が堅調
ベンチャー企業の活躍(楽天、ライブドア、ユニクロなどなど)

全体としては良い方向に進んでおり、弊社にも人材採用の依頼がひっきりなしという嬉しい状況です。

しかしながら、一方で我々のような人材紹介会社・ヘッドハンティング会社は、転職希望者もしくは転職潜在層の方々を集めていかないことには、マッチングが成り立ちません。

そういう意味では企業ニーズは高まりつつも、人材募集に関しては非常に混戦模様となっており、各社苦労している現状があります。

人材紹介会社も一見どこもあまり変わりがなく見えてしまうのが苦しいところです。
実質的なサービスレベルは圧倒的な違いがある業界なのですが。。。。

弊社は広告による人材募集以上に、人脈や口コミによる皆様からのご紹介者が多いこともあり、広告市場の過熱化に際しても大きな打撃も受けずに淡々と事業を営ませていただいております。
弊社のサービスを活用して転職された方々が、今度は弊社のファンになってくれる、
そして友人や元同僚などをご紹介下さる、これほど嬉しいことはありません。

本当に感謝です。どんなことがあっても責任を持って最大限のお手伝いをしようと思う瞬間です。(決して普段手を抜いているわけではありませんよ・・・)

ちょっとばたばたしている中で書いていたら、何を言いたかったのか自分でもわからなくなってしまいましたが、要はいろいろな人に支えられて弊社は成り立っているんだということを改めて認識し、心からありがたく思っています。

もっともっとファンを増やして、その中で交流会やいろんなビジネスが生まれるような、そんな構想も考えています。

ということで、そのためにももっともっと多くの方のご転職を実現しないと。