最近、いろんな経営者の方とお会いすると、口を揃えて

「07年の新卒採用は厳しいね〜」

と言います。

確かに実感値としても、以前よりも新卒採用を行う企業が明確に増えてきた印象がある。

とりわけベンチャー企業と呼ばれる企業は、ある一定の余裕を持てるまでは新卒採用をしないというのが一般的だった以前とは打って変わって、設立1年目から新卒採用を開始する企業も多い。


私なりに思うその背景は、

.ぅ鵐拭璽優奪箸筌皀丱ぅ襪箸い辰深磴とも活躍できる業界の台頭
直接金融の発達により、ベンチャー企業でも資金力を持つことが可能となった
若手の優秀な人材は取り合いであり、中途だけでは間に合わない

こんなところだろうか。


かくゆう弊社も年明けより本格的に新卒採用を始めるのだが、こんな激戦の年が初めての新卒採用、、、相当気合入れないと乗り切れなそうである。



話は変わるが、先日、ノッキングオン取締役の水野氏の紹介ということで、就職活動中の学生から一度訪問したいという連絡がきた。。


そういう学生はなんか純粋にいいと思った。
学生のよさはヒタムキさだったり、純粋さだと思う。

興味のある会社があれば自ら連絡して、「時間ください」くらいの意欲がある学生、こういう行動力・実行力・意欲はベンチャー企業にとって魅力的に感じる。


ベンチャーなんてホームページ見ても、事業内容見ても判断なんてできない。

社員と会って、社長と会って、肌で雰囲気を感じない限り、なかなかわからないものである。

I&Gパートナーズは人材ビジネス&インターネットビジネスを展開するとともに、その後の多角化まで視野に入れた事業戦略を持っている。

しかしそういうことより何より、弊社の社員と会って、そのモチベーションや一体感、楽しそうな雰囲気、士気の高さを肌で感じてもらいたい。

そのうえで、一緒にやりたい、そう思ってくれる若者求む!!