本日はこのブログをご高覧いただいている弊社社員のご家族の方へのメッセージとして書かせていただきます。


ベンチャー企業で働くビジネスパーソンにとって、家族やパートナーである人の理解は何よりも重要です。

日々朝から夜遅くまで働くことが多いのは事実です。
既にそれだけで家族やご両親としては理解しづらいものだと思います。

しかもそれだけではなく、短期的な給与という意味でも、創業期であればあるほどそこまでは払えないことが多いのも事実です。

つまりその人材の市場価値よりも下回った給与で頑張ってもらっていることが多いのも事実です。


そうなってくると家族からすれば更に理解しにくいというのも当然のことと思います。



しかしベンチャー企業で働く人にとって、会社を創っていくということは大きなやりがいであり、その対価は必ず中長期的には現れます。それは金銭的なものもそうですし、それだけではないキャリアや実力もそうです。


弊社の社員もみんな本当に良く頑張っていますが、それは会社のためだけではないと思っています。


極端に言えば、彼ら彼女らは弊社が万が一存在しなくなったとしても、転職市場においては非常に高く評価されることだけは間違いありません。


それだけの力をつけてきています。


勿論、頑張ったからには金銭的にも恵まれるべきだと思っています。
ただそれがタイムリーに反映されないのがベンチャーの大変なところでもあるのですが。。



しかしぜひともご子息、ご令嬢、旦那さん、奥さんを信じて応援して頂きたく思います。


仕事でそれなりに知力も体力も使っている以上、家に帰ったときにご家族や愛する人からその理解が得られないとなると、そのストレスは半端ではないと思います。


社員一同、応援していただいている家族の方々にも恩返しできるよう、全力を尽くしてまいります。

もちろん経営者である私自身がもっともっと知恵を振り絞り、みんなの努力を成果につなげていくことが最重要であることも自覚しています。


それでも将来我々が目指している会社、自分、それは信じきれない限りは実現できないものであることも事実です。

ソニーもトヨタも、リクルートもインテリジェンスも、そこから始まっています。

必ず社会に価値ある会社を創りますので、何卒暖かく見守っていただければ幸いです。

またいつも理解いただき、応援いただいている皆様、本当にありがとうございます。
娘が産まれてパパになったにも関わらず、なかなか娘のおきている時間に会えないパパも居ますが、、何卒許してあげてください。
家族のために、最大限頑張っていますので。



ということで、今日は初めてのご家族向けメッセージでした。