最近良く思うことがある。

マネージャーやリーダー(アシスタントマネージャー)なる人達の
仕事とはどういうものだろうか。
いちスタッフとは何が違うのだろうか。


これらの職責について記載された書籍は沢山出ているものの、どれも
今ひとつ的を得ない気がしてならない。
わかりやすいことを、より難しく、そしてより学術的に述べている気
がする。



個人的見解としてはこう思っている。


マネージャーの仕事の重要な一つとして、ミッションをより具体的な
タスクに落とし込み、実行を促すことがあると思う。


経営者の立場から言うと、優秀で信頼できるマネージャーは、ミッション
だけを伝えておけば、それをブレイクダウンし、スタッフに実行を
促すことで、成果へと導く。そしてその過程を必要に応じて、
報告・連絡・相談する。


例えば、弊社のような求人サイトを立ち上げている企業を例に
とってみる。


経営者である私からMGRへの指示はこんな感じだろう。


「9月末までに掲載社数を300社にしないと競争には勝てない。
必ずそれをクリアするように。」


私からは常にその程度の抽象度を持った指示が飛ぶことが多い。


それに対して、頑張るぞ、と号令をかけていたり、メンバーに
必要以上に「気合が足りないからできないんだ」などと罵声を
浴びさせているマネージャーはアウトだろう。


できるマネージャーであれば、それをブレイクダウンし、具体的
な業務に落とし込んで指示を出すことができる。

例えば、

「各自今週中に●●件のアポイントを獲得し、かつ●●%の
受注率を実現する必要がある。そのためには、、、、」

といった具合。


こういったミッションからブレイクダウンして、業務レベルまで
落とし込み、それを指示し、かつ進捗状況をウォッチしながら、
適宜修正を加えていくことこそが、まさにMGRの仕事だと思う。


普通ついつい目先の業務や、事務作業に追われてしまう。
なぜならばそれをやっていると頭を対して使わずに、仕事を
やっている、俺は忙しいという充実感を得られる。


しかしそうではなく、自分の負っているミッションを見つめ直し、
それをタスク化(細分化)し、より具体的なアクションリスト
にできることが重要であり、そういうMGRこそが結果も出せる。


重要なのは、会社の目標に紐づいて各部門の目標があり、その
目標に基づいて各チームやメンバーの目標(予算)が設定される
という考え方。こんな当たり前の考え方も、日々の業務の中で
はついつい忘れてしまいがち。


その意識が薄れてきたタイミングこそが、単なるサラリーマン
への第一歩だと思う。


人を率いる立場である中間管理職の人達はまさにそこを意識
し続けることが必要だろう。
そしてそういうことを意識できる人がMGRになるのだろう。




最後に、、、

最近ブログの読者が日に100人ちょっとしかいない。
話が長すぎてつまらないのかも、と気になりつつ、ついつい
言いたいこと、書きたいことを徒然なるままに、まとまりなく
書いてしまう。


ブログへのクレームや改善すべき点など、もしあれば是非
コメント下さい。