ビジネスディスカッションというのは難しい。

良くいう「建設的に話し合う」ということほど難しいものはない。


特に日本ではどうしても、意見=その人自身、という捉え方を
しやすく、感情的なディベートへと発生しやすい。


多くの人は単なるアイディアや意見であっても、面と向かって否定
されるとムッとくるものである。

そして、それが職責が高い人であればあるほど、周囲は気を使う
ようになる。まさにこの究極の姿がジャパニーズエスタブリッシュ
カンパニーの「部長、おっしゃる通りです」「さすが部長」といった
まさにスタッフサービスのCMの光景である。


私自身、非常に苦手な分野でもある。


議論やミーティングで意見の内容ではなく、言い方や雰囲気で
相手を圧倒したり、威圧する人が多いのがジャパニーズカンパニー
の悪しき風習・・・。


自戒の念もこめて議論上手になっていく必要がある。


思いっきり意見としては否定してでも、議論が終われば元の仲間
という、はっきりとした割り切りというか、建設的な議論ができる
会社ほど、強いし、ある意味権力が集中化しないのだろう。


どの会社も発言力を持っている人が決まっていて、その人が言う
意見には誰も言い返さない、言い返すと面倒なことになるという
のをわかっている、そんなケースが多いのだろう。


弊社でも一部そういうところがあるような気がする。

勿論私を筆頭に・・・(反省)。



ということでそのあたりも改善していかないといかんと思う
今日このごろです。。。