よくある人材募集要項の一つに「学歴」がある。


経営者仲間と話をしていても、


「結局学歴だよね」
「なんだかんだいって学歴と比例するよね」


などという話がでる。


学歴による判断は正しいのだろうか?


私個人の意見としてはNOである。

とはいえ、実は弊社も学歴レベルは結構高い。
慶應・早稲田・上智・東工大・横国・立命館などなど。


矛盾しているようだが、学歴で選んではいない。
どこの経営者も表向きはそういうよね、という声が
聞こえてきそうだが、私自身、面接ではほとんど履歴書
を見ないことが多い。なので入社してきてもどこの大学
を出たのかすら知らないこともあるくらい。


やはり正しい判断基準としては、その人のコンピテンシー
や人間性、価値観をベースにしっかりとコミュニケーション
の場で判断をしていくことが大事だと思う。


そうやっていくと結果として学歴にある一定の偏りが
出るのも事実だが、ただしあくまでもそれは結果として
の偏りであり、選考時に学歴で判断するわけではない。


それができる会社は有能な人材を見つけ出すことができる。


弊社でも学歴順に優秀かというと決してそうではない。
間違っても偏差値順には並ばない。


学歴で判断してしまっている企業は、学歴が高くないこと
で落としてしまっている逸材が結構いるのだろう。
さらには、学歴はいいが能力の低い人材も結構採用して
しまっているのだろう。


大企業で大量の採用をしている人事からすれば、一定の
判断基準として学歴や偏差値を活用することは仕方ない面
もあるだろうが、ベンチャー企業までもが学歴で判断して
しまうようでは悲しいにもほどがある。


何よりも、そういう固定概念的な発想自体が
エスタブリッシュ的であり、アントレプレナーのそれとは
根本的に異なるように感じる。


勿論、学歴も一つの判断基準ではあるのは間違いないが、
あくまでもコミュニケーションの中で判断したことを、
確認するための事項の一つ。


ベンチャーはベンチャーらしく、いろんな人間にチャンス
のあるステージであってほしいと思うのは私だけではない
のではないだろうか。


かくいう私自身、たいした学歴ではないが、仕事は結構
できる方だと自負している(笑)。


そういうと単なる学歴コンプレックスの成り上がり野郎
みたいだが、決してそうではないと付け加えたい。


単にもっとみんな自由で、もっといろんなことが本質的で
あればいいのにと思っている、根っからのアントレプレナー
の1人として、言いたいことを書いてみた。