顧客志向の究極の形とはどういうものだろうか。


最近自分を含め、自社における顧客志向が実質的に低下して
きているような気がしていた。

勿論、全社員真面目にそして真摯に企業や転職者の方々と
向き合っていないわけではない。勿論顧客志向も高い。

でも何かが足りない、何かが社員に教えられていない、伝え
きれていない、最近漠然とそう感じることが増えていた。



そう思い始めてから、過去に読んだ本などを読み返したりし
つつ、何か伝えるべきわかりやすい参考図書を探してみたと
ころ、これだ、と思う本があった。



リッツ












この本は顧客志向、サービスの本質などを語るときに、よく
例として出される世界的なホテルチェーン、リッツカールトン
の実話について書かれている。


この本には本当に多くの実話が掲載されており、その一つ一つ
から、まさにこれこそが究極の顧客志向であり、最高のサービス
なのだと感じることができる。


全員の視点が高く、常に満足ではなく感動を創造しようとして
いること、そして裁量と責任とプライドを持って取り組んでいる
こと、全てにおいて学ぶことが満載。


早速弊社では全社員に課題図書として読むように伝えてある。

ホテルやレストランではなく、事業会社でこういう会社を創る
ことができたら、結構すごいのではないだろうか。

そんなワクワク感を持ちつつ、チャレンジしてみたいと思う。。