本日の日経産業新聞に弊社が企画・運営する
green』が掲載された。


I&Gパートナーズとしては初の新聞掲載である。

個人的には過去にも何度か日経には別の事業で出たことがあるものの、
やはり今回は格別。

ちょっと興奮して本日2度目ながらブログに記載してしまった・・・。



--------------------------------------------------------------------
I&Gパートナーズ、求人の成果報酬固定化
〜資金力が乏しいVB需要見込む〜
(掲載日:2006/09/26 媒体:日経産業新聞,20面)

 人材紹介のI&Gパートナーズ(東京、新居佳英社長、03ー6820-0600)
は成果報酬型の求人サイトサービスを十月から本格的に開始する。企業の
採用情報を一つのサイトに一括して提供する。同サービスを通じて採用が
決まった場合の一人あたりの報酬を一律七十万円に固定し、資金力が乏し
いベンチャー企業などを中心に需要を開拓する。
 2007年3月期までに1000社の受注を目指す。

 サービスを実施するサイトの名称は「green」。同サイトで求人募集する
企業のページには会社概要、募集要項、関連記事を掲載。専属ライターに
よる社長インタビューや経営者のブログ(日記風の簡易型ホームページ)、
質問・回答コーナーなども設ける。

 職種や条件などの求人情報の更新は、採用担当者が逐次、インターネット
を通じて手元のパソコンから書き換えることができるようにする。

 企業の中途採用はこれまでネットや雑誌などの各種媒体に求人広告を掲載
するか、人材紹介会社に依頼するのが一般的だった。ただ、求人広告は掲載
期間が限定されているうえ、多額の掲載料を払っても採用に結びつかない
リスクがあった。一方、人材紹介会社に依頼した場合は採用決定時に採用者
の年収の30〜35%程度を報酬として払うため、費用がかさむことが難点だった。

 新サービスは企業のページ作成などの初期費用を一社あたり五十万円に設定。
求人職種がいくつになっても金額は変わらない。採用一人あたりの成果報酬
も固定化したことで、企業は採用経費を効率化できるという。

 サイトに会員登録(無料)した個人の利用者にはIDとパスワードが付与
される。企業の検索が可能なだけでなく、転職アドバイスや自分に適した企
業の推奨を受けられる。I&Gは報酬の七十万円の中から十万円相当のギフ
ト券を転職者に贈呈するなどサイト登録者の獲得も進める計画だ。
--------------------------------------------------------------------