本日の日経1面に企業によるエクイティファイナンスが
増えてきたことが大きく記載されていた。


一昔前はメインバンク制が主流だった企業の資金調達も
大きく変化していることがうかがえる。


この上向き景気により、企業は成長のためのM&Aなど
を含めた積極的な投資を行っている。

そのための資金ニーズは、やはり金融機関からの融資よりも、
返済不で投資リスクに合致したエクイティにより調達に
シフトしていくのは至極当然な流れなのだろう。


ベンチャー企業にとっても、VCや事業会社、エンジェル
と呼ばれる個人投資家などからの直接的な投資を受ける
ことで、信用力がないフェーズにおいても、事業への
相応な投資ができる環境が整いつつある。


日本においてよりVB市場が伸びていく上では、そういう
市場環境の整備というのは非常に重要だと思う。



人、金、情報と企業が経済活動を行う上で必要な要素が
いくつかあるが、情報社会で、直接金融市場ができつつ
ある今、あとは優秀な人材がベンチャー市場へと飛び込
んでいくことが求められる。


力がある人にとって、VB市場はまさに格好の活躍ステージ
であることは間違いない。

大企業もいいが、そういう企業を超える企業を創って
いくという醍醐味にもチャレンジする人が増えていく
ことが、これからの日本の経済活性化における最重要点
になる気がする。

我々はまさにその役割を担っていかなければならない
立場であり、ぜひとも一石を投じたい。


エクイティファイナンスの記事からここまで妄想する
人もいないだろうと思いつつ、徒然なるままに書いて
しまった・・・。