「自分は絶対にプロになれると思っていました。
なぜならこれだけ練習してプロになれないのであれば、こんな多くのプロ野球
選手は存在しないと思うから。」

「天才?僕は天才ではないよ。天才だったらこんなに練習していないでしょ。」


この2つの言葉はイチローが以前言っていたものです。

このストイックさは尊敬します。
イチローはプロ野球選手の中で間違いなく自分が一番練習していると自負して
います。それはおごりではなく、本当にそう思えるほど練習をしてきているの
でしょう。


日本で3年連続首位打者に輝いたときにも、

「バッティング、守備、走塁、全て完璧でもう練習することがないですね」

という記者の問いかけに対して

「完璧なものなんて一つもありません。今期は走塁強化すると決めています。
来期は筋力も増強しようと思っていますし。まだまだ目的には程遠いので。」


こんなような回答でした。

これを記者は単なる謙虚な態度として受け止めていましたが、明らかに本気
で言っている印象でした。

イチローは本気で全ての面で世界一を意識していて、そしてバッティングに
関しては10割打てることを目指しているそうです。本気で。。。


どの業界でも成功する人はこういう考え方を持っているのかもしれません。

自分に厳しく、他の誰かがすごいと言っても、自分で立てた目標に対して
常に本気で、真剣で、責任を持っている。そんな人が成功するのでしょうね。


私自身、イチローのようにストイックにやれるイメージは到底ありません。
しかし少しでも近い想いをもてるように、エッセンスを盗んでやろうと
思います。


「仕事ができるようになりたい」
「給料をあげたい」
「多くの転職者をサポートしたい」
「責任ある職位につきたい」
「起業したい」


働いているといろんな想いがあると思いますが、思っているだけでは
だめで、いつまでに何をどのくらいやるべきなのか、それを自分に
約束し、コミットする。それこそ成功する人が持つ行動特性でしょう。


頭でわかっていてもなかなかできないものですが・・・。

自分もまだまだ全然できていませんが、少しでもそうなっていこうと
思います。