最近若手の営業メンバーの同行に行くことがちょくちょくある。

そんな中でいくつか気付くことがある。

テクニックやノウハウはまだまだなのはある意味仕方ないこと。


それ以上にお客様への思いいれや、どうすればお客様に価値提供ができるかということに対する意識が不足していることの方が課題だと感じる。


営業とは自社のサービスを売ることではなく、顧客の課題を解決することであり、それを勘違いしてはいけない。


極端に言えば、例え自社では価値提供ができなくとも、別の会社を紹介して差し上げるなり、ビジネスにならなくともなんらかの価値提供をしようという意欲を持つべきだと思う。
勿論自社のサービスで価値提供できるのが理想であるし、幸い弊社のサービスは対象範囲が広いこともあり、多くの企業に利用いただける価値があるので、ビジネスにならないということはあまりない。


営業はテクニックやプレゼンテーション能力以上に、顧客志向であることや、誠実であることの方が大事なのだということが改めて伝えていく必要がある。

自分自身もずいぶんビジネスに慣れてしまっていて、そういう新鮮な気持ちや現場の感覚を忘れがち。こういう機会は、現場間を取り戻す上で非常に貴重だと思った。


やはり社長は定期的に顧客訪問すべし、という定説は正しいと感じる今日この頃。