またまた上海よりブログを更新してます。

今こちらは現地時間で深夜の2時20分。

一緒に来た相方はまたまた既に爆睡中。一人で寂しくメール処理をして、ブログを更新しています・・・。


今日は上海に駐在している昔ながらの先輩にいろいろとご馳走になりました。


数日上海で過ごしていて一番感じるのは、貧富の格差が想像を絶するということ。
日本人の感覚だと、年収1億の人と、年収300万円くらいしかイメージがつかないのが正直なところじゃないかと思います。

しかしこちらの場合は全く違います。

年収が10億の人と年収が24万円の人が混在しています。

だからこそいろんなトラブルもありますし、エリアによって全く雰囲気が異なります。日本人の感覚だと安いと思ってしまっても、現地の低所得者にとっては大金であったり、一方で日本ではお目にかからない大金持ちが日本の人口と同じくらいの数居たりと、中国という国のすごさを感じます。

今後のビジネスチャンスとしては、3Gになるモバイル市場、もしくは近い将来に日本の政策が変わり、中国人を普通に中途採用者として受け入れ、就労ビザを発行しやすくなる日が来ること自体もチャンスだと思います。

いろんな意味でまだまだ荒削りな市場ですが、そのポテンシャルの高さと、今後起こりうる未来のイメージだけはなんとなく沸いてきました。

それだけでも上海まで来た意味があったというもの。


明日は人材関連ビジネスをしている方々にお話を聞いてきます!

それでは再見!