3連休、結構旅行に行ったりリフレッシュしたりした人も多いらしく、社内にはいろんなところからのお土産がいっぱい。

メタボにならないか気になりつつも、せっかくなのでという言い訳をしながらいろいろと食べてしまった・・・。


私自身は3連休ながら、初日は仕事、2日目はゴルフ、3日目もゴルフでその後仕事と、なんともリフレッシュからは程遠い生活をしてしまった。


話は変わるが、最近ベンチャー企業の業績不振情報が多い。

こういうときこそ全社員が一致団結して乗り越えないといけない。
しかし組織が多少なり大きくなるとついつい組織に依存したり、給与が払われることが当然だと思ってしまったりする。
それでは我々のようにリソースの限られたベンチャー企業は、この向かい風の環境を乗り超えることはできない。

弊社も社員が40人近くになり、多少なり役割分担が進み、一人ひとりの売上やコストに対する執着が薄まった面があるのかもしれない。意識はあるが、執着がなくなっている、私も含めてそんな反省がある。

連休中の経営ミーティングでも、改めて創業期の緊張感と一人ひとりが神輿を担いでいるという意識の強化(執着)こそが必要だという結論にいたった。
勿論気合や根性だけで乗り切れるわけではなく、戦略や戦術が大前提。
しかしそれを実現するにはやはりそういう想いが大事。


連休中はずっとそんなことを考えていた。
会社の未来に向けて今やるべきことは何か。
ここから先に進むために超えるべき壁は高い。


でもそう思えば思うほど盛り上がっていく自分がいたりする。

有事のときこそ盛り上がる、壁が高いほど乗り越えたくなる、どうやら自分の性格は昔から変わらないらしい・・・。

あまりそんな気の抜けたこと言っていられる状況でもないが、改めてベンチャー回帰ということで、創業時と同じように全社員フルコミットメントで突っ走りたい。


ゴルフをしつつも、そんなことばかりを考えていたらあっという間に連休が終わってしまった・・・。

昨晩なんて家でカップラーメンを食べながらビールを片手に、一人でああでもない、こうでもないとメモ帳と格闘していた。

なんだか久しぶりの感覚。
またみんなで夜な夜な議論したり、徹夜でサービスを立ち上げたり、そんな一体感を楽しみつつ、次のステージにつなげていきたい。

と、一人で盛り上がった連休でした。