風邪を引いて自宅療養中、珍しくテレビなるものを見ていると、どのチャンネルもオバマ新大統領の就任演説の特集ばかり。


しかしオバマ大統領の演説はついつい聞き入ってしまうほどプレゼン上手だった。

日本の政治家の演説に聞き入ってしまうなんていう例はほとんど記憶にない。


オバマ大統領には専属のスピーチライターがついているというが、確かにその価値があると思える。文字ではなく、言葉でしか伝わらないことがある。

だからこそその内容、トーン、表情などが総合的にプレゼンの出来栄えを決める。


そういう意味でもオバマ氏のプレゼンテーション能力は非常に長けている。


プレゼンテーション能力は経営者やリーダーにとって非常に重要なスキル。


日本の政治家のプレゼンテーションを見ていると、いくら内容が論理的でも、いくら
頭の良い人が用意した原稿でも、本人にプレゼンテーションスキルがなければそもそもは駄目なんだと実感する。


重要なのは、当の本人がどれだけ想いを持って話しているか、なのかもしれない。
それが表情や声のトーンから透けて見えてしまう。
だから日本の政治家の話すことは、薄っぺらく表面的な印象を持ってしまったり、保身的に感じたりしてしまうのだろう。


国会でのやりとりや答弁を見ていても、本当にこの人達に国を任せておいていいのかと思うような、子供顔負け(?)の非建設的な議論ばかり・・・。
しかも寝てる人も沢山。。。

さらには予算の議論をする場で漢字テストをはじめたり。。。


日本にもオバマ大統領みたいな強いリーダーが出てきてほしいもの。

ちょっとレベルは違うかもだけど、東国原知事なんかはいいような気がする。
彼はなんか私欲ではないところで動いている印象が非常に強い。
物事もはっきり言うし、変な人的しがらみや後ろ盾がないのがいいのかもしれない。


と最後は何を書きたかったのかわからなくなってしまったのでここらへんで・・・。