人材関連事業にとって現在の景気は完全なる向かい風。

恐らく多くの企業がかなりの業績悪化を強いられているはず。


こういう景況になってくると、人材紹介事業についても平時とは異なるポイントに注力していかないと成果が出せなくなってくる。

不況時において重要なポイント、それはその人の可能性を引き出すマッチング想像力と、企業との強いコネクションの2つ。


多くの人材紹介会社は、採用担当者から事務的に求人情報をもらい、それに基づいて人材を事務的に推薦するのみ。

その場合は書類選考で10〜30%くらいしか通過しないはず。

こういうマーケットになってくると企業としても良い人がいなければ採用しなくてもいいと思っているくらいの意欲なので、信頼できる企業から強い提案がない限りは積極的に面接してはくれない。

だからこそ決裁者レベルにダイレクトに推薦できるネットワーク・コネクションが必要になってくる。
しかもそういうニーズは表に出ていない潜在ニーズであるケースも多く、それを推察して先回りして提案するようなマッチング想像力も必要になってくる。

それが出来る会社だけが収益を上げることができる。

そういう意味ではクオリティに拘ってやってきた少数精鋭の弊社にとっては有利な状況のはず。


しかし、、、そう簡単でもない・・・・。

でも大手はもっと大変のはず。

今こそクオリティに拘り、一人ひとりの可能性を最大化するお手伝いができるエージェントでありたい。