新規事業の発想法はいくつかある。

よくあるのは、

〆8綽びる市場の中で勝てる事業モデルを考える

⊆分達が実現したい目標から現状の課題を抽出しそれを解決する事業を考える

という方法。


方法というか着眼点という感じですが。


,両豺腓蓮▲轡縫∋埔譴篋С荵埔譟▲┘海簀清箸了埔譴伸びるからその領域で何か自社の強みやリソースを活用した事業ができないかという発想。

△両豺腓蓮働く人達がもっとイキイキとできる世の中にしたいという目標から発想し、何故イキイキとしていないのか、その理由は何か、そしてそれを解決するサービスとして自社の強みやリソースを活用した事業ができないかという発想。


どちらもありえる。


最近も新規事業を考えることが多いが、ビジネスの経験や知見がある程度あるとついつい合理的に,離好謄奪廚嚢佑┐ち。

でも△里茲Δ房分達が実現したいことをベースにして、何故それが実現できていないのか、世の中の問題点や課題となっていることを見つけ出し、それを解決するサービスを必至に考えるほうが、本質的に価値があるサービスになるような気がする。


これは経験の中で学んだこと。

いくら本を読んでもあまり書いてないが、やはり事業の成り立つ本質を考えれば、当然のことかもしれない。

改めて自分達が何を実現したいのか、どんな会社になっていきたいのか、こういう世の中だからこそ大事にしていくべきなのだろうと思う。