ここ最近、人材業界でも注目を集めているソーシャルリクルーティングというキーワード。

恐らく多くの人材関連企業がソーシャルリクルーティングに関して、何かビジネスチャンスがあるのではないかとアンテナを張っていることと思う。

弊社も実は1年以上前からソーシャル×リクルーティングというビジネス領域にアンテナを張り続けて、ビジネスモデルとタイミングを考え続けて来たこともあり、それなりにいろいろと難しさも感じている。

ソーシャルリクルーティングの代表サービスといえば、誰もがLinkedInを思い浮かべるだろう。

LinkedInは米国でIPOし、Google以来の大型IPOということで注目を集めたプロフェッショナルネットワーク(SNS)の会社。

そのLinkedInが現在日本でサービスのローンチに向けて、日々準備を進めているという。

そこでふと思うのが、LinkedInは日本でも流行るのか、ということ。

私の勝手な考えを書かせてもらうと、米国のような流行り方はしないのではないかと思っている。
つまり一定数のイノベーターやアーリーアダプターと呼ばれるインターネット感度の高い人達で、なおかつ個人事業主やベンチャー企業の幹部陣のようなプロフィールを社外に出すことを何とも思わない人達は面白半分、調査半分で登録するだろう。

しかしいわゆる普通の企業に務めるような、しごく普通の会社員はまず使わないのではないか。その場合、実際には米国ほどの収益を生み出すプラットフォームにはならず、発展も途切れてしまうような気がしている。

私がそう思う背景がいくつかある。

Facebookのポジショニングが日米で異なる
米国ではFacebookは友人、家族などプライベート色の強いネットワークとなっている。ゆえにビジネス関係者とつながるSNSとしてはLinkedInというポジショニングが明確になっているのだろう。しかし日本ではmixiという極めてプライベートなSNSがFacebookに先んじて流行ったことで、Facebookはプライベートネットワークという元来のポジションと、ビジネスネットワークというLinkedInのポジションを兼ねたポジショニングで広がってしまったように思う。
事実私自身も学生時代の友人から、取引先の社長、過去に転職支援したCandidateや前職の先輩、後輩、同僚と幅広くつながっている。友達申請の友達という言葉にちょっと違和感を感じるくらいである。そうなってくると今更LinkedInを使うモチベーションがあるのか、という点が気になるところだろう。

会社との関係性や転職への価値観が日米で異なる
ここは誰もが感じているところだろうが、日米ではいまだに転職やキャリアということについて、大きな価値観のずれがある。ビジネスネットワークであればあるほど、会社の上司や同僚がつながっているわけで、そこに自分のプロフィールや転職に関する希望などを公開するというのは、いくら転職が当たり前になりつつある現代の日本とはいえども、かなり抵抗があるのは間違いない。
その点でもLinkedInは結構苦戦するのではないだろうか。

F本は極めて英語力が低い国である
LinkedInを使う企業の多くは米系であり、そこに登録することでヘッドハンティングなどによって新たなキャリアオポチュニティを獲得しようと考えている人達は、基本的にビジネスにおいて英語ができる人達であろう。いわゆるプロフェッショナルキャリア&ビジネス英語という人達が対象となるわけだが、日本においては極めて少ない対象であろう。



以上、そんな理由で個人的にはLinkedInは苦戦するのではないかと見ている。

ただデジタルガレージのようにインターネットサービスを熟知し、日米双方の市場を理解している会社が本腰を入れて展開する以上は、上記のような状況も理解した上で何らか仕掛けてくるのだろう。

私自身も勝手にLinkedInの日本戦略をいろいろと考えてみたが、いくつか可能性があるだろうとは思う。何より大事なのは、米国の成功体験を日本に持ち込まないことだと思う。

何にせよ、人材ビジネスマーケットも今後大きく戦局が変わっていくはず。

こういう時こそ我々ベンチャー企業にとってはチャンスが沢山ある。
そしてこの時をずっと待ちわびてきた。さあ楽しくなってきたぞ。頑張ろう。