日本経済の成長鈍化が始まってから早数十年、少しづつ働き方や組織のあり方が変わってきている気がする。

少し前まで(イメージとしては10年前)は大企業に入って出世することが大卒の人の最も普通のキャリアプランだったし、ちょっとそれに疑問を感じている人でも外資系大手に就職するくらいのものだった。

それが今となっては、個人事業主であったり、小規模なベンチャー企業、NPOなど多くの選択肢が存在しており、そういうある種、普通のキャリアと異なる道を選択する人の割合が増えつつあるように思う。

そういう時代背景の中で、企業経営をする立場としても、働く社員のキャリアのあり方について見直して行く必要があるように感じる。

右肩上がりの経済の中で、組織も右肩上がりに増員し続けて来た時代とは大きく違うこれからの世の中に最適な組織のありようを考えるべきであろう。

私が考える次世代の組織は決してピラミッド構造ではない。
どちらかといえばフラットでプロジェクト型の職務遂行を行うような組織が望ましいと考える。

つまりいつでも部長がマネジメントをして、課長が実務の責任者で、みたいな組織ではなく、プロジェクトによっては役員が統括することもあれば、新入社員が統括することもあるみたいな、アメーバ型で権限委譲の進んだ組織形態こそが、これからの理想系ではないかと感じる。

そうするためには、それに合致した賃金形態、評価制度も考えなくてはいけなく、そこがまだ私の中で完全にイメージしきれていないところでもある。

ただぼんやりとだが、賃金や評価なども一定オープンにして、組織内で市場原理を働かせられるような
制度が作れれば理想かなと思っていたりする。

経験や年齢を重ねていくことで給与が上がっていくのではなく、その組織で価値あるパフォーマンスを出す人ほど給与が上がっていく仕組み。

さらには会社の株式のかなりの割合を社員持ち株会が保有するような組織にしていきたい。
そして社員達は自ら頑張って業績を上げることで、配当によって経済的なメリットを得たり、退職時などは株式を会社が買い取ってあげることで、退職金以上のものを得ることができるような、そんな組織だったら楽しそう。

日本では労基法という完全に時代遅れの法律によって、働き方に制限があるので、実現には結構な壁があるものの、本質的に社員にとって大きなメリットがある組織形態であれば必ずいつか受け入れられるときがくるはず。

そういう意味でも日本で初めての組織を作っていきたい。

私が創業以来掲げている「全ての社員が誇りを持てる組織であり続ける」という経営ポリシーを貫き、日本を代表する新たな組織の実現に挑戦しよう。

と大きく出たが、まずは足元の業績向上からだな。。。。

千里の道も一歩から。