社会人となって早14年目を迎えている。
そして社会人2年目からマネジメントという仕事に携わるようになり、社会人3年目には代表取締役という肩書きとともに経営を担ってきた。

そんな中で様々な試行錯誤や経験を重ねて来た結果として、私が経営者として、そしてマネージャーとして、上司として、常に意識して気をつけるようにしていることがある。

それは

怒りたくても褒めたり、褒めたくても怒ったり


するということ。

自分の機嫌や感情は一旦横に置き、その人の為に怒るべき時は怒り、褒めるべき時は褒める。


例えば、若手社員で日々良く頑張っている社員がいるとする。
私の心情としては「毎日毎日良く頑張っているな」と思っていたりする。

しかし彼の目指していることや、彼の成長を考えると、もう一段上のレベルを要求してあげないと、成長が止まってしまうと感じれば、心を鬼にしてもっと高いレベルで業務遂行できるはず、という要求を突きつける。
一方でもうちょっとやれるんだから頑張れよ、と思ったときでも、その人の目指すレベルによっては一定褒めてあげることもある。

勿論経営者も人なので機嫌が悪い時もあれば、機嫌が良い時もある。
それでも自分の感情や機嫌によって態度を変えるのではなく、相手のことを第一に考えた上で、褒めるべき時は褒め、叱るべき時は叱る。

日頃厳しい事を言っている人でも、ただ厳しいだけの人と、一人一人のことを考えて厳しく言っている人では、同じ厳しいでもその意味は全く異なる。そして前者の人には人はついてこない。

また日頃笑顔で褒め上手な人でも、ただいつも優しいだけの人と、自分が本当に頑張った時や自分なりに手応えを感じた時に的確に褒めてくれる人では、これまた全く意味は異なる。これも前者の人はただのいい人ではあるが、向上心や成長意欲のある人はなかなかついてきてはくれない。

人を叱るのは凄くパワーのいることだし、出来れば誰でも避けたいと思っていること。
人を叱咤したらその分自分も頑張らないといけないというプレッシャーもうけることになる。

私はまだ独身なので子育てなどのことは良くわからないが、もしかしたら似ているのかもしれない。

ただ甘やかしているだけではその子のためにならない。
親だけが親身になって本気で向き合い怒ってあげられる存在ということなのだろう。
良い先生は親と同じくらい真剣に向き合ってくれる人のことを言うのかもしれない。


ビジネスにおいても、本当に自分のことを考えて叱ってくれる人は凄く大事だと思う。
そして私自身もそういう上司でありたい。

新卒など若い社員が選ぶ会社として、そういう人がどれだけいる組織か、というのは一つの大きなポイントになるはず。同じような事業を展開していて同じような規模感のベンチャー企業でも、人に興味を持っている経営者やリーダーがいる会社と、事業や売上にばかり興味があって人には興味がない経営者やリーダーの会社では、その人の成長や学べることが格段に異なるはず。

ということで、リーダーというのはやはり怒りたくても褒めたり、褒めたくても怒ったりしないといかんわけです。

私もたまに感情が表に出てしまうので、まだまだ修行が足りんと思う今日このごろですが。