10月より第9期に突入し、組織体制や役割分担もいろいろと変化。

私自身も前期までは経営を担いつつも、主力事業Greenの執行責任者と新規事業のサポートと管理部門のサポートという執行現場での複数の草鞋を履いていたが、今期からはその体制を少しづつ変えていく。

まず主力事業であるGreenの事業責任者を任命し、私自身は執行からは少し離れることに。
管理部門についても、1月から最適任者を一人異動してもらうことで、私自身の実務作業を最小化する。

その上で自由になった時間を以下の3つに重点的に投下しようと考えている。

1.新規事業の立ち上げ
2.人材採用&人材育成
3.中長期戦略の策定

1は、3月末までの上半期の主要ミッション。
年始を目処にサービスリリースする予定の新規事業を、如何にスピーディーに軌道に乗せるか。
当該事業は私自身が本格的に関わることで、社内でも重要な事業として認識してもらうとともに、関わるメンバーにも極めて本気でやってもらうつもり。

2は、今後の複数事業の立ち上げなどを考えれば、近い将来私以外の事業責任者やマネジメントを担う人材が複数必要になるのは明確であり、今からそういった人材の育成と戦略に沿った人材採用を行って行く必要がある。

3は、4月以降の下半期の主要ミッション。
I&G Partnersの3〜5年という長期スパンでの成長戦略を描ききるつもりでいる。


私の一年はおおよそこんなイメージで、上記に加えて新卒採用の説明会や、営業の同行などなど、様々な業務は発生するものの、メリハリをつけて取り組んでいかないとさすがに回らない。


今期は既存事業の売上&利益の成長は当然のことながら、何よりも新規事業が本格的に立ち上がり、収益貢献するのが楽しみでならない。

今期中に主要事業を3〜4事業に増大し、来期からは各事業ごとに事業責任者を任命し、一部の事業は子会社化することも視野に入れつつ取り組んでいきたい。

いわば今期は種を撒き芽を育てる期で、来期は成長して実った果実の収穫が始まる期。
海外展開も含めて各事業パラレルに高速で拡大していく。

このあたりのリソース分散とも思えるようなチャレンジングな舵取りを如何にさばききるかが勝負。
そのためのあらゆる想定、準備はしっかりと行いつつ、挑戦的な経営をしていきたいもの。

今期もいろいろと忙しい期になりそうだけど、創業以来続いていた現場の執行責任者から、いよいよ少しづつながら経営に自分の軸足を移していくことができそう。

やっと少しは社長らしく働けるかな(笑)。