この10月から弊社は第10期を迎えることに。

さぞ感無量かと思いきや、それほど感傷的な気持ちもなく、どちらかというと「ここからが勝負」という未来を強く意識している自分にちょっと驚いている、そんな感じでいます。

10期をスタートするのに伴い、先週の金曜日から日曜日まで、全社員と内定者で2泊3日の社員研修合宿と社員総会のため、小淵沢のリゾナーレに行ってきました。


今回の合宿はIWNCという、私自身かれこれ14年の付き合いになる研修会社にお願いしたのですが、まさにI&G Partnersが飛躍する上で欠けていたところ、私自身が改善したいと強く思っていたところに大いなる気付きを与えてもらうことができ、過去最高の合宿になったと感じている次第。


ただ研修を受けるにあたって思うのは、やはりベースが凄く大事だということ。

つまりそもそもどういう人を採用しているか、そしてその人達が前向きに成長したい、成功したい、頑張りたいという思いを持っているものの、それが上手に実現できていない、そんな状況においてはまさに気付きやきっかけとしての研修合宿などは最適だと思う。

今回の我々はまさにそれで、誰が頑張りたいと思っているが、何がいけないのか、何が足りないのかがイマイチわからずにフラストレーションを貯めていたという感じだったところに、大いなる気付きを与えてもらうことができた感じです。

研修の内容はまたおいおい書こうかなと思いますが、改めてI&G Partnersという会社は今期から、No1戦略ということで、中途半端なポジションで満足するのではなく、自分達が決めた領域で自他共に認めるNo1を目指して取り組んでいきます。

中小零細企業として安定黒字を出すことで留まることはなく、高みを目指すことを全社員で約束しました。

もちろん今の我々が何を言っても夢物語だし妄想にしか聞こえないのは当然です。

ただ私はもちろんのこと、現在弊社に在籍してくれている社員全員が必ずやり遂げるという決意でいてくれていることと思います。

今回の社員総会で改めて底なしの負けん気をもって、社会から顧客から競合からNo1だと言われるサービス・企業を創造していきます。その結果として、内向きな自己満足ではなく、社外からも「本当に凄い組織だ」「社会に価値ある企業だ」と言って頂けるように。

日頃よりお世話になっている方々、第10期もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。